華やかパーティードレス

パーティードレスの上手な着まわしテク

結婚式ラッシュになると、毎回同じドレスでは飽きてしまいます。
特に友人関係が重なっている場合などは、また同じ格好をしていると思われるのも嫌ですね。
しかし、何着もパーティードレスを買うのはお金がかかりすぎます。
上手にドレスを着まわして、節約しながらおしゃれを楽しみましょう。
まず初めに重要なのが、あまり派手でないパーティードレスを選ぶことです。
派手なドレスは小物や髪形を変えたとしても、印象が強く残ってしまいがちです。
なるべく飾り気の少ないシンプルなものを選ぶと、後々小物などを上手に使って着まわすことが出来ます。
リボンやコサージュがついているものは、取り外しができるものを選ぶと良いです。
取り外しができるものは、ヘアアクセサリーとしても使えるものが多いので、着まわしには最適です。
ボレロやショールなどの羽織りものは、それぞれ1種類ずつ持っていると全体の印象を大分変えることができます。
同じショールでも羽織り方は様々であり、その方法によって全く違ったドレススタイルを演出することが可能です。

パーティードレスは着まわしの良さを重視

パーティードレスは、一般の人であれば結婚披露宴に招待された時やクリスマス会など着用するシーンも少ないものであり、その割には値段も高いものです。パーティーの度にいつも同じドレスを着ているというのは、後から写真を見返してみても気が付いてしまうものですが、同じパーティードレスでも着まわしで合わせるアイテムを変えることで雰囲気をガラッと変えることができます。
着まわしの良いパーティードレスは、形や色の面で考えてみるといいでしょう。形であれば、上からボレロやカーディガン、ストールなどを羽織ってもいいようなデザインであり、上下を外して別にでも着用できるセパレートタイプならよりアレンジが効きます。色の面では、スタイルには刺し色というものが必要にはなりますが、その刺し色はパーティードレスには持ってこないで小物類に持っていくのがいいでしょう。ドレスはシンプルで無難なタイプが適しており、小物類で変化を付けてみましょう。

check

貸倉庫 埼玉

最終更新日:2017/9/14